2020年04月01日

新型コロナウイルスの影響(ガーゼ)

昨年ブログを引っ越し、
どんな記事を書こうかと思っているうちに時間が経ってしまいました。
ブログを読んでいただいていた方々、申し訳ありません。


新型コロナウイルスの報道を初めて耳にしてから
ウイルスは驚くべき速度で広がり、
世界中が大変な事態になっています。

当院もマスクや消毒薬をほとんど購入できなくなり、
ガーゼも購入制限で入手しにくい状況です。

ガーゼは、手術やケガ、やけどの処置などに必要であり、
皮膚科・形成外科としても重要な物資です。

ガーゼ.jpg

また、ガーゼは保険で処方することができないので
ご自宅で処置する分は、ご自分で購入していただかなければならないのですが、
薬局で売り切れていることが多いため
ガーゼを必要としている患者さんたちが困っています。

イタリア、スペイン、アメリカなどでは
医療物資が想像を絶するほどに不足しているのではないでしょうか。

どうか今すぐ必要としている人に物資を譲っていただきたいと強く願います。

医療関係者である私たちも一人ひとりが身を引き締めていかなければならないと日々話し合っています。


さくら皮フ科



posted by さくら皮フ科 at 11:35| 新型コロナウイルス